お家

収益物件で投資を成功させよう~失敗しないための対策法~

不動産ビジネスを

マンション

アパートは住宅としてだけでなく、投資物件としても頼れる存在です。アパートの経営を安定化させるには、ライバル物件について知ることも大切になります。競争力の高い不動産ビジネスをするには、様々なことを工夫して上手く差別化を図る必要があります。

» 詳細へ

新たな投資手法です

不動産

中古ワンルームマンションの他にオフィスビルを区分所有するという投資方法も最近ではみられるようになってきました。オフィスビルへの直接投資に不安を覚えるのであれば、上場不動産投資信託を通じて複数の収益物件に投資をしてみるのもお勧めです。

» 詳細へ

賃貸経営のトラブルを予防

不動産

収益物件を相続すると、賃貸経営に関するトラブルに巻き込まれる恐れがあります。トラブルに巻き込まれることを防ぐためには、すぐに売却できる買取を利用しましょう。買取は数日から数週間で完了するため、トラブルに巻き込まれる恐れがなくなります。

» 詳細へ

色々な物件に投資しよう

集合住宅

資金に限界があります

不動産投資をすると言っても収益物件はいろいろあります。マンションをはじめ、オフィスビルや物流施設、ホテル、商業施設など、それぞれ特徴も異なってきます。しかし、個人が資金を出して収益物件を購入しようとすると、その大半が中古ワンルームマンションになります。これは、負担できる資金の問題があるからです。オフィスビルや物流施設は1棟で数億円から数十億円の資金が必要となります。これに比べて中古ワンルームマンションは1000万円から2000万円程度の資金で始めることができます。物件によっては数百万円程度で購入できる中古ワンルームマンションもあります。身の丈にあった不動産投資をしようとすると、どうしても中古ワンルームマンションに偏ってしまうのです。

投資商品を活用しよう

しかし、十分な資金力がなくてもホテルやオフィスビル、物流施設等の収益物件に投資をする方法があります。それは、上場不動産投資信託を保有するということです。厳密に言えば、上場不動産投資信託を保有したからといって、オフィスビル等の収益物件の所有権を持つことができるわけではありません。しかし、収益物件から得られた収益を受ける権利があります。しかも、オフィスビルや物流施設等の収益物件になると、その運営ノウハウも難しくなってきますが、日々の管理運営は上場不動産投資信託の運用会社が行ってくれます。つまり、上場不動産投資信託に投資をすれば、手間をかけることなく、大規模収益物件の恩恵を受けることができるというわけです。